ニュースリリース

(終了しました)3/11株式会社インタフェース主催の異業種交流会ABネット

ABネット  講演中.jpgのサムネール画像

下記終了しました、当日の講演内容を公開いたします

■組織の活性化

・「才能がある者を重用する」採用から育成、活躍・・・3人の歴史・データ・業績
・「継続的な業績こそすべて」自身の成功体験・・・一度の成功なら誰でもできる

・「ビジョンの重要性」・・・辛い仕事の意義と成果を感じる瞬間の喜び、気持ちを代弁、言い出しっぺにやらせる

■人材の活性化

・「10代で描く人生設計」・・・ライフプラン

・「人生で必要なお金と時間の設計」・・・フィナンシャルプラン

・「道具としての仕事」・・・アクションプラン


■地域の活性化

・「成長可能=投資適格」エリアとしての北海道・・・農業、観光、環境

・「人材の産業間転換」エリアとしての北海道・・・武士→農業・炭鉱、製造業→農業・サービス

・「試される大地」ではない北海道・・・国に見立てた道政府・アントレプレナー・金融の一体化


最後に、地方における人材ビジネスの可能性について

●Uターン転職を中心としたヘッドハンティングサービス「リージョンズ・キャリア」

「都内の競争が激しいから」ではなく「Uターンのサポートが必要だから」始めたビジネス

「札幌への転職」サポートではなく「戻る」サポート、「戻す」ビジネス


●「成熟化社会=内省化」とキャリアビジネスの親和性

→個人のライフプランと投資ビジネスの接続の良さ

→地方転職と自分史・ルーツ・墓ビジネスへのストーリー展開

→会社のライフプランと事業承継のビジネス化

 

ご参加の皆様、ありがとうございました!

 

 

㈱インタフェース主催の異業種交流会ABネット(正式名称:Active Brain Network)の
第9回例会にて弊社代表の高岡幸生が講演をさせていただきます

お話する内容はあくまで予定ですが・・・『地方の活性化は、人材の活性化から』と題して
・従業員の採用から定着・活躍に至る成功体験
・自分自身のトップセールスに至る成功体験
・計画はいつも「倍」だったマネジャー時代の組織の活性化法
・会社設立に至る思いと実践してみての地方における人材ビジネスの可能性
・人として自分自身の活性化をどう図るべきか
・北海道をどう活性化していくか

ご興味のある方はご一報ください

日時:平成21年3月11日(水) 18:30~20:15
場所:かでる27、510会議室(5階) 札幌市中央区北2条西7丁目
内容:講演会テーマ『地方の活性化は、人材の活性化から』
講師:高岡幸生(リージョンズ株式会社代表取締役)
定員:30名(申込締切/3月5日迄、定員になり次第締め切り)
参加費:2,000円
申込先:株式会社インタフェース 五十嵐 仁
    Eメール/info@interface-h.co.jp

講師プロフィール:1967年生、札幌市出身。北海道大学法学部卒業後、株式会社リクルート入社。
人事部、人材総合サービス札幌・マネジャー、新潟支社長、狭域HRカンパニー・CO(カンパニーオフィサー)を経て、2008年「採用とキャリアのコンサルティング」リージョンズ株式会社設立、現職。リクルート時代はマネジャーとして業績倍増を実践、顔面麻痺になるまで仕事をやりこむ。現在はUターン転職サポートや子育て主婦の再就職支援をはじめ、地元人材ビジネス会社向け勉強会を主催するなど北海道の雇用分野で精力的に活動。


「ABネット」は、人生・仕事の夢・ビジョンを持って、物心両面で豊かな人生を目指す人同士の相互啓発を支援する異業種交流ネットワークです。主な参加者は、私ども主催の講座・セミナーや研修の受講者を中心に、今日より"明日"さらに成長発展を目指す人です。自己の専門分野を磨き、社会・関係先への貢献と自己成長を図る積極人間、大歓迎〔目指す人もOKです〕。

セミナー等に関する
お問い合わせはこちらから >>

まずは会員登録
最新セミナー情報

2011年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

月別 アーカイブ

カテゴリ

タグクラウド

購読するこのブログの更新情報

まずは会員登録

人生設計シミュレーション

暮らしたいところで働く Regional Style

Uターン転職のための
お得な航空券予約サイトはこちら!

リージョンズがお奨めする適職診断テストはこちら!
(大学生向けですが転職で迷っている方にも効果的!)

リージョンズ株式会社
〒060-0032
札幌市中央区北2条東3丁目2
札幌セントラルビル2F

このページのトップ