THE ONE WHO PLAYS “REGIONS”LIVES AS A GLOBAL MAN.

THE REGIONS MAN
リージョンズな人

REGIONSな人
世界一自由なピアニスト、松永貴志。

飛行機は翼を持っている。
だから軽々と空に舞い、国境を超えてゆくことができる。
彼の場合、その翼は音楽だった。

ピアニスト、松永貴志。

13歳で巨匠ハンク・ジョーンズに絶賛され、
17歳でメジャーデビュー。
「東京JAZZ’2003’」でハービーハンコックと競演し、
世界のミュージシャンの喝采を浴びた。

彼の翼は、音楽のジャンルをも軽々と超えていく。
ジャズからクラシックまで、幅広く、
心の赴くままに五線譜の空を駆けめぐる。

どんなボーダーにもしばられない、世界一自由なピアニスト。

“リージョンズ”を奏でるその人は、地球人として生きている

TAKASHI MATSUNAGA PROFILE
松永貴志
作曲家・ピアニスト

1986年、兵庫県生まれ。
17歳でアルバム「TAKASHI」(EMI) でメジャーデビュー、ベストセラーとなる。2004年、全米、およびヨーロッパ、アジア各国で「STORM ZONE」発表。 ブルーノート・レーベル75年の歴史上、ジャズの帝王マイルス・デイヴィスの記録 を塗り替え世界最年少のリーダー録音記録を樹立。第14回「出光音楽賞」受賞。 その後、テレビ朝日「報道ステーション」のテーマ曲「オープン・マインド」を作 曲、演奏。これを機にフジテレビ「新報道2001」「スーパーニュース」、BS朝日 「激論!クロスファイア」など数々の報道番組テーマ曲や、SECOM、NTTドコモ、 ソルマックのコマーシャル楽曲も手掛けるなど、作曲家としても定評がある。

クラシック音楽にも積極的に取り組み、サントリーホールで故・岩城宏之氏指揮の 新日本フィルハーモニー交響楽団と共演し、大絶賛される。ガーシュウィン、ショ スタコビッチ、モーツァルトなどの曲を数々のオーケストラと共演する。 2012年、フジテレビ ノイタミナ「坂道のアポロン」で、劇中の主人公のピアノ演奏 を全曲で担当するとともに、オリジナル楽曲を提供する。

2013年デビュー10年を記念してアルバム「GOOD NEWS!」(ユニバーサルミュージ ック)を発表。 12月、芸術の聖地パリのルーヴル美術館で開催されたSNBA受賞式典記念演奏会に て演奏。 2015年、阪神・淡路大震災20年ドラマ「二十歳と一匹」(NHK)、映画「種まく旅人 くにうみの郷」(松竹)の音楽を全て担当する。また、ポーランドのクラコフにある 「マンガ日本美術・技術博物館」のテーマ曲を作曲。 2017年、フランス、ブラジル、NYなど世界10カ国ツアーを開催する。 2018年、リージョンズ株式会社のテーマミュージック「地球人として生きる」「エボリューション」「リージョンズ」を作曲、演奏する。

抜群のリズム感と圧倒的なピアニズムは世界中から高い評価を得ている。

松永貴志、メッセージ。
リージョンズ株式会社テーマミュージック「地球人として生きる」に込めた想い。

松永貴志、作曲・演奏、REGIONSグランドテーマ「地球人として生きる」

Ver. 1

Ver. 2

松永貴志、作曲・演奏、REGIONSテーマ「エボリューション」

Ver. 1

Ver. 2

松永貴志、作曲・演奏、REGIONSテーマ「リージョンズ」

Ver. 1

Ver. 2

PRODUCTION MENBER

REGIONS ムービー・スティル一式
制作メンバー

総合プロデューサー
稲吉紘実

コプロデューサー
河原裕子

制作プロデューサー
稲吉紘実

監督
稲吉紘実

撮影監督
上田雄太

撮影

メインカメラマン
木田光重

カメラマン
木嶋 啓二

撮影アシスタント
松下 剛
増田 哲
植田 裕亮

編集
稲吉紘実
木嶋 啓二
上田雄太
木田光重

タイトルデザイン
稲吉紘実

コピーライティグ
蓑田雅之

録音
泉 尚也

スティル撮影

カメラマン
木田光重

スティル撮影
アシスタント
木嶋 啓二
松下 剛
増田 哲
植田 裕亮

ヘアメイク
内田裕士

音楽
作曲・ピアノ演奏
松永貴志

翻訳
谷田恵子

協力
美塾

© 2018 REGIONS, All Rights Reserved.